Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

BBQソース

肉類の味付けとして用いられるソースはバーベキューソース(BBQソース)と呼ばれ、トマトケチャップ、ウスターソース、果汁類、ニンニクやショウガなどの様々な材料を混ぜ合わせて作られる。市販のBBQソースが多数売られている。

 

器具としては、 火格子式のグリルや焼き網など、火(熱気)が素通りするタイプと、 鉄板式 に大別され、食材を固定するものとして金串などがある。

BBQ専門店や個人でも、オリジナルの道具にこだわる人がいる。それらの人は、普通のグリルではなく、金属製グリルやレンガなどで作られたBBQ・ピットという竈(かまど)や暖炉に近い造りの物を使う。ドラム缶を加工する場合や、海外ではマンホール用の金属蓋を利用する場合もある。また珪藻土製の角形七輪も増えている。

卓上式のグリルに多いが、底面の断熱用に、コンロに水張りするタイプの方が、水蒸気の作用で、油の多い豚バラや鶏皮、サバやサンマなどの青魚を焼いても炎が上がりにくい。また、焼き上がりにこびり付きや、焦げ付きが少なく、野菜などは特にふっくらと美味であり、また器具自体の汚れも少ない。

BBQ後のバーベキューグリルは油汚れや炭の汚れがべっとりと付いていることが多いが、バーベキューの準備段階でグリルの火口を覆うようにアルミ箔の揚げ物フェンスや、BBQ用の厚手のアルミホイル(60ミクロン程度の厚さ)を、炭受けと油汚れが及びそうなところへ敷き詰めれば、汚れはホイルに付着してグリル本体へはほとんど及ばないので、掃除はホイルを剥がすだけで楽であり、グリル本体も長持ちする。また焼き網やグリル本体などにBBQ前に酢を塗っておくと、食材のタンパク質と熱した金属との間に熱凝着が起こりにくく、比較的掃除が楽である。

自然の中でのBBQは、焚き火の直火で地面を傷めたりしないよう適切な調理器具を使うこと、また、器具の汚れを地面や水(河川や湖沼)に流すことなくゴミを持ち帰るなど、環境に配慮することが望まれている。

社会的側面

都市近郊の公園や河川敷においては、ゴミの投棄・カラオケの騒音・喧嘩・アルコール中毒などBBQに付随する社会的な問題や事件が発生し、BBQが規制の対象となる事例も発生している。また、野放図なBBQを管理対象とする目的で、BBQによく利用される地域を有料化するなどの対策も実施されている[3]。

BBQケータリング業者がBBQケータリング協会等を通じて、ゴミを削減、持ち帰る等の試みもなされている。

 

 

BBQ レンタル

 

 

手ぶらBBQ | 長井海の手公園・ソレイユの丘 - 西武造園